小さな楽園-大崎上島-日向裕一

詩人-日向裕一

広島県大崎上島でヒナタ文学を主宰して、詩人・文学者・作詞家・作詩家・作家・エッセイスト・写真などの創作活動をしています。 ヒナタ文学とは、大崎上島で誕生した文芸雑誌です。任意団体ヒナタ文学としても活動を全国へと発信しています。日向裕一の活動拠点は、広島県大崎上島町です。 ヒナタ文学堂とは、築百有余年の古民家を活用した観光案内所です。文学堂は、日向裕一が堂主として、心のバリアフリー空間を目指しています。また、大崎上島町の楽園プロジェクトリーダーとしても活躍しています。大崎上島を「小さな楽園」離島社会へと高く志して信念であります。そして、大崎上島町と連携も強化して活動をしています。日向裕一は、新しい広島県大崎上島町へと前進あるのみです。

 

大崎上島の島唄-『瀬戸物語』です。

詩人-日向裕一のメッセージです。


「三本の矢(団結力)」で私たちも熱く応援しよう!

ヒナタ文学は、サンフレッチェ広島のPRサポートしています。


ヒナタ文学は、

サンフレッチェ広島のPRサポートしています。