みんなの福祉・福祉の島-広島県豊田郡大崎上島町-離島社会-福祉の学び

大崎福祉会-ふれあい工房

福祉の島・大崎上島は、地域社会との地域交流・ふれあい・善いつながりを目指しています。


みんな違って、みんな良いね。認め合いを、「認め愛」のある福祉の展開しています。


福祉とは、人々の幸せを創り、幸せな人生を一緒に創る、愛のある福祉であります。

大崎福祉会-ふれあい工房

日向裕一は、古里・広島県大崎上島に住み、福祉活動もしています。


この島は、「福祉の島」として様々なチャレンジをしています。


そして、みんなの福祉、みんなの幸せを願って、福祉活動をしています。


日向裕一も心の病でありますが、仕事、地域活動を努力しています。

 

福祉の現状を直視して、福祉の改善・改革を目指しています。


また、障がい者の方々に出会い、日向裕一も多く学んでいます。


一人一人の個性を尊重した「みんなの福祉」を志しています。


皆さん、今後とも宜しくお願いします。

大崎福祉会-ふれあい工房

大崎上島の福祉とは

大崎上島の福祉は、常に資質向上を目指しています。

福祉職員の適応能力を評価してこそ、福祉なのです。

人の命、それが、福祉の最も重要な仕事でもあります。

人を傷つけたり、いじめ問題がない、それが、福祉です。

大崎上島の福祉とは、認め合いの福祉、尊重の福祉。

私たちは、現実の課題を改善して、理想が高い熱意です。

そのためには、職員と職員でのコミュニケーション能力。

地域に根づいた福祉事業所を志して、常に勉強なのです。

現状に満足することなく、福祉職員とは、学び続けること。

日本国の福祉は、戦後七十年の歴史であり、浅いのです。

ですから、大崎上島の福祉は、最先端の福祉を実践です。

福祉とは、人々の幸せを願い、共に幸せを創ることです。

だからこそ、福祉職員は、常に向上心と人材であること。

大崎上島の福祉を共に創り、常に現場主義が目標です。

そして、現場改善にも日々努力してゆき、高き理想です。

大崎上島は、「福祉の島」として他の地域と連携します。

また、専門性が高い役員の向上を実現と改善してゆきます。

現状に甘えることなく、役員一人一人も人材の宝庫であります。

福祉を語られない人事・人材ではなく、真の福祉が目標です。

福祉の利用者と支援者の信頼関係を最も重視してゆきます。

大崎上島の福祉とは、改革と改善によって向上しています。

福祉職員のチャレンジは、福祉業界に新しい風となります。

福祉の学び・基本・基礎・5つの心

大崎福祉会-ふれあい工房

広島県大崎上島の福祉は、一人一人の個性を尊重して、一緒に「生きる力」の魅力ある福祉です。


大崎上島は、教育・福祉・文化の離島であり、福祉においては、最先端の福祉を実践しています。


とくに、福祉の分野は、少子高齢化社会になり、ますます重要性が日に日に高まっています。


地域社会とのつながりを重視して、福祉で可能な地域活動も積極的にしてゆきたいと思います。


大崎上島の福祉が地域に愛されて、愛する善い連携が高い目標でもあり、地域交流の場も大切にします。

大崎福祉会-YouTube

ふれあい工房-料理教室

ふれあい工房-アート

大崎福祉会-ふれあい工房

福祉を通じて思いやりの和を広げよう!

大崎福祉会-ふれあい工房