エッセイ・詩人の視点と論点・詩人-日向裕一のエッセイ・現代エッセイ-23年~24年

私は福祉施設に疑問を感じていた。

2024/5/14

広島県大崎上島町に東京から帰郷して、私は二十年以上です。

私は現代医療では完治しない心の病と日々闘っています。

当時、私は福祉施設を見学して、スタッフから説明を受けました。

私が詩人・作詞家として、福祉に興味関心を抱いた瞬間です。

あれから二十年以上、私も郷土である大崎上島に住み続けています。

私は福祉施設に所属しなかった理由は、当時の私には疑問がありました。

その疑問は、利用者とスタッフの違いが明確にあり、スタッフを重視。

私は立場という名の壁が嫌でした、私は福祉施設の矛盾を感じました。

そして、そこの福祉施設に所属している利用者が本当に幸せだったか。

当時を振り返ると、私自身は日本の福祉に希望は全くありませんでした。

過去は過去の話、さて今現在の私自身は福祉活動も少しずつしています。

より良い地域社会を実現するために、まずは私が住み良い町が目標です。

自分勝手な考え方だと私自身も思いますが、結果、誰もが住み良い町へ。

私は自己中心的な考えではなく、病気や障害や難病の方々が生活できる島。

偏見や差別の無い社会、孤独や孤立の無い社会を、私は本気で実現したい。

その強い意志は、二十年以上の前に感じた福祉にたいする私の疑問からです。

私は福祉施設だけの問題や課題ではなく、日本全体にも言えることです。

過去ではなく、今から未来に向けた明るい地域づくりの実現が高い目標。

私は大崎上島で三つの提言をして「文化・福祉・教育の離島社会」です。

この三つを基本として私も日々活動を実践しながら執筆活動をしています。

もちろん、私個人の一人では力不足でもあり、善い仲間ご縁も大切です。

私の提言の賛同者を増やしてゆく、それが、現実の課題だと私は感じます。

そして、私の本業である詩人・作詞家を通じて作品でも表現しています。

私は大崎上島に限らず、日本社会全体が福祉の国になることは理解できます。

だからこそ、私は福祉活動を通じて、大崎上島を改革と改善したいです。

今現在、私は福祉施設にたいして疑問はなく、共に同じ目線で向上と発展へ。

私は今のところ福祉施設に利用者としても所属せずに仕事や活動をしています。

とくに福祉は繊細な内容なので誤解がないように、私は勇気を持って発信。

より良い地域社会、大崎上島が「福祉の島」として確立へと志して信念です。

そして、私も福祉の仕事を尊重して、現場の忙しさや厳しさが伝わります。

私は専門職と専門性が強い福祉の仕事を熱く応援している一人でもあります。

これからも、共に「福祉の島」として高く広く協力して盛り上げてゆきたいです。

今と未来、それが、私達ができる「福祉の島」であり、共に学び、共に教え合う。

町議会議員の公式ホームページを開設へ。

2024/5/11

広島県大崎上島町は、新しい時代へ前進すること。

そのためには、改革論と改善論が最も重要である。

町議会議員(政治家)が情報公開をしてこそ時代を動かす。

政治家の情報公開とは、学歴・職歴なども大切である。

一人一人の議員が「自覚・責任感・覚悟」の政治。

そのためには、政治家として活動を積極的にすること。

大崎上島町を改革と改善のために常に行動が大切である。

そして、町議会議員の公式ホームページを開設すること。

大崎上島だけではなく、他の地域と連携を強化が必要である。

さらには、政治家が全国各地へ発信することも先手だ。

大崎上島町とは架橋しない離島社会として新しい時代を創る。

町議会議員はインターネットを積極的に活用する時期だ。

そして、政治家は常に最前線で行動をしてこそリーダーである。

大崎上島町の新しい時代を創り、今と未来を考えて行動すること。

私達町民も町議会議員に興味関心を持つことが最も重要である。

とにかく、一日も早く町議会議員はホームページを開設すること。

そして、政治家として情報公開を実施して離島社会を確立へ。

現代社会とは、インターネット時代であり、積極的に活用しよう。

町議会議員の行動力に期待して、新しい時代を共に実現すること。

福祉とは経験値と常に勉強。

2024/4/24

私が感じる福祉は、学び続けることが大切です。

そして、福祉の職員は経験値と常に勉強をすること。

資格などの学び、大海を知り、大海に気づく冒険心。

福祉とは、これからの日本国に必要な職業の一つです。

そのためには、利用者と職員の違いや立場ではありません。

例え、障害者の人達でも社会参加できることが大切です。

決めつけた人間関係ではなく、一人一人の役割があります。

私は広島県大崎上島の福祉が、より良い地域社会の実現へ。

福祉とは小さな可能性を信じてこそ成り立つと私は感じます。

人それぞれの役割を尊重することが、福祉の善い人間関係。

ですから、違いや立場を関係が無く、個人と個性の時代です。

私達が住む大崎上島町も高く志して信念として前進あるのみ。

そして、私は詩人として福祉にも役立ちたいと感じています。

誰もが住みよい大崎上島町を実現するために力を合わせる時期。

大崎上島町だけではなく、広い世界観で福祉を共に学びましょう。

日本国は福祉の役割を、しっかり感じて向上と発展を望みます。

大崎上島町は離島社会であり、日本を縮図した福祉の島です。

少子高齢化社会の大崎上島町でもあり、課題や問題は多いです。

誰もが住みよい離島社会を実現するためには改革と改善すること。

政治家は公人としての役割がある!

2023/12/28

広島県大崎上島町の町議会議員の先生も公人であります。

公人としての情報公開が政治家として最も大切です。

政治家としての「自覚・責任感・覚悟」が志と信念です。

大崎上島を改革と改善して時代を前進させること。

この離島社会とは、架橋しない島の一つであります。

だからこそ、公人である政治家としての活動報告が先手。

そして、政治家もインターネットを活用する時期であります。

私達町民も町議会に興味関心を持ち、政治家を育てること。

大崎上島の政治家も積極的に一般質問を実践すること。

今こそ、今こそ、政治家の行動力が問われ続けています。

情報公開とは、学歴、職歴、政治信条、座右の銘などです。

さらには、政治家の改革論と改善論を情報公開すること。

町議会議員の先生も公式ホームページを開設してください。

政治家として志と信念、それが、現実に問われ続けています。

そして、議員報酬とは、政治家の生活第一ではありません。

政治家の活動費が議員報酬でもあり、常に活動すること。

新しい時代を創る「民間・行政・政治」の三位一体が重要です。

政治家の強いリーダーシップを発揮してこそ時代を動かす!

大崎上島の公人である町議会議員の先生に私は期待しています。

その期待とは、大崎上島を新しい時代へと導いてください。

私達町民も町議会議員の先生が活躍することを願っています!

福祉とは人と人との助け合い・分かち合い・支え合い。

2023/10/11

日本は少子高齢化社会であり、福祉が重要な役割です。

広島県大崎上島も福祉の離島社会であります。

少子高齢化社会だけではなく、福祉の分野は幅広いです。

福祉の現場は、とにかく忙しくて即戦力の雇用が大切です。

私も福祉の仕事を尊敬して少しでも役立ちしたいです。

福祉職員もネガティブになることもあると思います。

私は地域福祉、障害者福祉の分野が発展してほしいです。

大崎上島とは、文化の島・教育の島・福祉の島です。

この三本柱で大崎上島を心豊かな離島社会へ目指しましょう。

どの分野にしても現場主義として一人一人が活躍できること。

そして、福祉職員とは、常に勉強して資質向上が重要です。

大崎上島の福祉がより良く発展して現場改善と改革も大切です。

現代社会に重要な役割がある職業は、福祉であります。

大崎上島の福祉も地元住民との連携して住み良い町を実現へ。

とにかく、人に優しく思いやりの心で福祉は発展します。

福祉の島、大崎上島が助け合い・分かち合い・支え合い。

それが、現実に大切なことであり、一人一人が輝くこと。

私も尊敬する福祉の仕事が向上心と希望が大切であります。

そして、一人一人が応援者でもあり出演者の福祉です。

大崎上島の福祉は、共に学び共に教え合う善い人間関係。

福祉は大切な仕事で尊く、私も福祉を常に学び続けます。

明るい社会へと発展できて福祉の島を共に確立しましょう。

地域社会が人に優しく思いやりの心が最も大切です。

2023/09/20

広島県大崎上島の地域社会が人と人との争いが無いこと。

一人一人が応援者であり出演者である地域社会の実現へ。

悪口や批判ではなく、様々な意見を自由に発言できること。

地域社会の平和は、世界平和の一歩でもあると私は感じます。

助け合い・分かち合い・支え合いの地域社会であること。

そして、人に優しく思いやりの心が最も大切な地域社会へ。

大崎上島も地域社会の発展と向上に民間・行政・政治の三位一体。

偏見や差別の無い地域社会を実現してこそ、地域社会の平和です。

愛と平和、希望と勇気の町づくりも最も大切だと私は感じます。

地域社会の安心・安全・安定が現実の問題と課題であります。

私は大崎上島を小さな楽園として実現へ目指しています。

離島社会だからこそ魅力があり、小さな楽園の大崎上島へ。

そして、文化の島、福祉の島、教育の島へ発展と向上を実現へ。

離島社会でも活気がある大崎上島であり、魅力もあります。

一緒に大崎上島の魅力も全国へ世界へ発信してゆきましょう。

私たちが住む地域社会の平和、人と人との争いが無い地域社会へ。

官民が力を合わせて離島社会の大崎上島を盛り上げてゆきましょう。

誰にも負けない郷土愛精神。

2023/07/15

私も広島県大崎上島を心から愛しています。

この離島社会とは、架橋しないことが魅力です。

そして、一人一人が輝く大崎上島を実現すること。

民間・行政・政治が三位一体となり時代を前進しよう。

私は郷土愛で離島社会の魅力をインターネットで発信。

大崎上島町の政治家も本気で活動をする時期であります。

私は一人の町民として在野の詩人でもあり、志と信念です。

とくに大崎上島町の政治家もインターネットを活用が先手。

私たちが愛する大崎上島の時代を共に前進して行きましょう。

そして、大崎上島の現実の問題と課題を共に解決すること。

ますます人口減少・過疎化になっている大崎上島を改革へ。

IターンUターンを増やして、より良い地域発展の実現をしよう。

さらには、人材の宝庫を目指して、即戦力の大崎上島へ。

私たち町民も志と信念での活動を積極的に行動力と実践しよう。

そして、悪口や批判ではなく、共に立ち上がり、新しい時代へ。

私は、誰にも負けない郷土愛精神で大崎上島で活動をしています。

大崎上島が魅力と活気がある離島社会へと共に改革と改善しよう!

広島県大崎上島は視野を広く大海に気づく。

2023/06/06

離島社会での活動は、広い世界へと目を向けること。

そして、他の地域と連携して発展と向上心が最も大切です。

広島県大崎上島という名の箱の中だけではなく大海を知ること。

離島社会を改革と改善して、町民の視野を広く活動してゆこう。

この離島は架橋しない、だからこそ、せまい価値観は良くない。

現実の問題と課題としては、広い世界観が町民に必要であります。

そして、町民だけではなく、行政と政治も大海に気づくこと。

大崎上島は未来に向けて、一人一人が輝く社会実現を目指してゆく。

新しい離島社会、それが、大崎上島に最も大切なことであります。

とにかく、せまい箱の中だけで活動することなく広い大海に気づく。

その気づきが現実に問われていて、確かな経験値が必要とされています。

より良い地域社会を実現するためには、何度も言うように大海に気づく。

そのためには、しっかした政治家の強いリーダーシップが最も大切です。

政治家は最前線で大崎上島のリーダーとして広い価値観が求められています。

町民・行政・政治が視野を広くして、現実の困難を共に乗り越えてゆく。

離島社会だけのことを考えるのではなく、今こそ行動力が必要であります。

大崎上島の将来と未来を考えた新しい離島社会へと前進してゆく。

これからの大崎上島に期待して、みんなで力を合わせて明るい方向へ。

政治家もインターネットを活用すること。

2023/06/02

広島県大崎上島は、政治家の公式ホームページが先手です。

政治家としての公式ホームページはステータスでもあります。

だからこそ、大崎上島町議会議員の先生も積極的に活動すること。

私たち町民の暮らし生活が心豊かになり、住みよい離島社会へ。

政治家とは常に勉強することであり、インターネットを活用すること。

現代社会に最も必要なことは、政治家の情報公開も一つあります。

私たち町民のために、政治家の議員報酬があることも事実です。

政治家の議員報酬とは、政治家自身の生活第一ではありません。

そして、インターネット時代を生きる力こそ、政治家も大切です。

大崎上島町議会議員の先生もインターネットでの活動を実践すること。

この離島社会が最先端になり、他の地域社会と連携すること。

そして、しっかりした政策と公約、それが、政治家としての力量です。

大崎上島の現実とは、人口減少・過疎化になり、困難な時代です。

また少子高齢化社会でもあり、ますます困難な離島社会でもあります。

政治家が最前線で強いリーダーシップを発揮することも大切です。

大崎上島の改革と改善は、インターネットの活用が重要視されています。

IターンUターンを増やすことも課題であり、誰もが住みよい離島社会へ。

民間・行政・政治が三位一体となり、困難な時代を解決してゆきましょう!

議員報酬とは活動費である!

2023/04/07

広島県大崎上島町の政治家も真剣に政策を考える時期である。

そして、政治家の議員報酬とは、政治家自身の生活費ではない。

尊いお金であることは明確であり、政治家も積極的に活動すること。

大崎上島町議会議員の先生は、公式ホームページも開設が先手である。

現代社会は猛烈な速度で時代は進み、政治家もインターネットを活用へ。

政治家自身の生活第一ではなく、私たち町民の将来を考えて行動する時期。

そして、政治家として「自覚・責任感・覚悟」が最も重要である。

とにかく、一人一人の政治家が本気で大崎上島の将来を強く感じること。

さらには、議員報酬とは、政治家の自費活動のために存在するお金である。

このままだと大崎上島町は衰退する、だからこそ、新しい時代を創ろう!

他の地域の「ものまね政策」ではなく、「オリジナル政策」が必要である。

大崎上島をより良い地域発展するためには、政治家の力量が最も大切だ。

もっと真剣に大崎上島のことを考えて行動して、全国へ世界へ発信すること。

私たち町民も、ここ十年間で人口減少・過疎化に危機感を強く感じている。

大崎上島の現実問題を解決できるように政治家も積極的に活動してゆこう!

高き志と信念、そして、大きな夢。

2023/02/26

私は一人の詩人として郷土愛で生きています。

広島県大崎上島を新しい時代へと前進したいです。

今、私たちは争いをするときではありません。

悪口や批判ではなく、真に愛を表現するときです。

一人一人の町民立志こそ、私が望む志と信念であります。

その志が高いことは、世界へと目を向けて行きましょう。

共に歩み、平和の大崎上島を実現して前進あるのみ!

私の大きな夢は、愛と平和と心の楽園づくりであります。

そして、世界へと発信してゆき、町民立志こそ誠です。

私たち町民が自信と誇りを抱いて、時代を前進させましょう。

郷土・大崎上島の今と未来を共に創ってゆきましょう。

新しい時代は、私たち町民立志に存在する愛であります。

私は詩人の道で夢とロマンに生きて、大海を感じています。

今こそ、今こそ、私たち町民が立ち上がるときです!!